君の空になりたかった

収録曲

1.君の空になりたかった
2.again

日本コロムビア/ROOT-K

コメント

 この曲はとても不憫だ。

 1、も2、も自分としてはすごく愛着のあるナンバーなのだが、全くと言っていいほど世間の認知度が低い。おそらく僕のファンといえる人達の中でもあまり知られてないだろう。

 しかし素材としての曲はとても良い。「愛する人の空のような存在になりたい」とゆうのは恥ずかしいけど正直な気持ちだ。2、の「探しに行こう、君とならばもう一度歩き出せる。いつも逃げ出して汚れていた自分に別れを告げて」のくだりも気に入っている。

 自分の反省としては、この曲をシングルとするには時代性として合わないと思うし、曲もアレンジも地味過ぎるところ。でも、じゃあ何故このタイミングでこの曲をリリースしたのか?スタッフからの反対はなかったのか?

 僕は意固地な人間ではない。自分のわがままだけでリリースを決めたりはしない。(決められるわけもない。)

 池田聡とゆうアーティストのことを考えているのは自分とファンだけになってしまったことを証明する一つ目の作品。アーティストを殺すのは簡単です。協力しなければいいだけ。
 誤解があるようなので加筆すると、この曲が売れなかったことを嘆いているのではありません。この曲を売る気が無かったのに発売した人達に対して憤りを感じている、とゆうことです。そうゆう意味でこの曲が不憫でならないわけです。